HOME > ページの見出し

カードローンで借りる・借りた・借りたいについて

カードローンで借りた経験を少しばかり紹介します。

よくWEB広告でいくらまでの限度額で借りれます!とか広告が出ていますが、現実的には審査は厳しいです。カードローンの比較サイトなどで会社を比べてから借入しましょう。

特に自営業者への審査は厳しいです。一定の収入があることが前提と謳っているいるところが多いので、会社員といった給料所得者は審査は通りやすいです。

実際、どんなシーンでカードローンが必要になるかといいますと、急な出費や高額な出費が出てしまったケースが多いようです。

支払いパターンは一括支払い・リボ払いの2パターンです。借入限度額は20万円から50万円が多いです。

借入限度額からして会社員は会社から給与を頂きながら返済するパターンが多いと思いますが、給料から一括で返済するのも選択できますし、リボ払いですと無理なく返済できますので、会社員には無理なくカードローンが利用できる印象です。

ただ、利率が18%がほとんどですので、リボ払いで返済していきますと、借入金額に対する借入利息の負担が大きい為、完済するのに長期間を要します。そのため、返済計画をシミュレーションした上で、カードローンを利用するのが望ましいです。

ちょっとした出費とか、高額の買い物が必要になった時などには、カードローンのような短期的な利用だとストレスが感じにくです。返済をリボ払いを前提でカードローンを利用する場合は、月々の返済金額・利息・完済までの期間をシミュレーションした上で利用すべきです。

無計画で利用しない限り、カードローンの利用が日々の生活を助けてくれるツールになることもあると思います。

出張先での出会い


わたしは時計の収集が趣味です。 あれはわたしが出張先で立ち寄ったお店での出来事でした。 以前から欲しかったアンティークの時計を見つけてしまいました。 出張中でお金をあまり持っていなかったので、一度は諦めました。 そうすると仕事中はその時計のことで頭がいっぱいになり、とても仕事が手につくような状況ではありませんでした。 わたしは迷いましたが、どうしても欲しかったのでクレジットカードで買うことにしました。 このクレジットカードは車のETCのために作ったもので、一度もカードローンでは使ったことがありませんでした。 初めてのカードローンで緊張しましたが、この気持ちとは正反対にすごく簡単に買えてしまいました。 こんなに便利だったんですね。 もっと早くから使っていれば良かったです。 時計を買ってからはすごく仕事も調子良く、スムーズに進めることが出来ました。 やはりずっと欲しかったものを購入するのは至福の喜びですね。 あとから支払いがあって少し大変かもしれませんが、我慢するほうがよっぽど大変です。 わたしは借金が出来たことに対して少しも後悔していません。 この買い物は仕事も生活も有意義にしてくれました。 良い借金だってあるものですね。 今まで借金は全て悪いものだと思っていた考えを改めさせられました。

【カードローン】お金を借りる・借りた・借りたいついての記事

カードローンは、定められた限度額まで好きなときに引き出すことができるという大変便利なものです。
銀行発行のものと消費者金融発行のものがありますが、
銀行発行のものは、持っている口座にそのままセットして使うことができるタイプのものが便利ですね。
これは、例えば30万円が限度額としたら、30万円までマイナスにできるのです。
うっかり使いすぎてしまった時などに、光熱費やその他引き落としのものが落ちなかったということがないので安心です。
銀行側も積極的に発行しているので、このタイプの利用者はとても多いですね。
金利も10%程度とかなり低金利に設定されているのが特徴です。
私も実際このタイプのカードローンを使っているのですが、
20万円マイナスにしたときに引かれていた利息が2000円だったので、10%で間違いないと思います。
これは私の取引している銀行の話で、他の提供先だとまた金利も違ってくるでしょう。
消費者金融系のカードローンカードも持っていましたが、こちらは金利が18%と銀行に比べて高かったので、
今のところ銀行のカードしか使っていません。
私は幸いどちらの審査も問題なく通ったのですが、
審査に通りにくい人は、消費者金融系の方が通りやすいようですよ。